コンテンツへスキップ

AppleTV 4kのスクリーンセーバー

Macで映像編集をするようになってから頑なに守っているセッティングの一つが、スクリーンセーバーを無効にすることです。昔のMacはまだ非力だったので、バックグラウンドで動いているものは片っ端から止めておけ、というのがNLEをMacで動かすための鉄則でした。そんな私ですが、AppleTV 4kの動画スクリーンセーバーが素敵だったので、自分のMacにも入れてみました。

これはAppleが公開している正式なものではないですが、とは言ってもいかがわしいものでもないと思います。とりあえず自己責任でどうぞ。こちらのURLに進んでもらうとGitHubのページにたどり着きますので、右上にある緑色のボタン「Clone or download」をクリックするとファイルが入手できます。いろいろ関連ファイルがダウンロードされますが、必要なのはAerial.saverです。これを右クリックからOpenしてパスすると、システム環境設定のスクリーンセーバーにインストールできます。表示するロケ地をOn/Offできるようです。

不要になったらシステム環境設定のスクリーンセーバーからAerial.saverを右クリックして、アンインストールしておきます。Macでこれを使った場合は本家のAppleTV 4kほどのクリア感はないのですが、しばらくは楽しめると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。