コンテンツへスキップ

DaVinci Resolve14.2リリース

DaVinci Resolveの14.2がリリースされました。本日リリースされたApple Final Cut Pro10.4のXMLファイルをインポート/エクスポートできる機能が追加されたのと、たくさんの不具合修正が盛り込まれています。リリースノートを日本語翻訳をしましたので参考になさってください。

機能追加

  • DeckLink 8K Proのモニタリングモードのサポートが追加
  • 音声のみのAAFタイムラインをインポートするためのサポートが追加
  • ProToolsラウンドトリップでオーディオハンドルをレンダリングする機能が追加
  • ダイナミックトリミングを実行するときのオーディオ再生のサポートが追加
  • Final Cut Pro 10.4 XMLのインポートとエクスポートのサポートが追加
  • ユーザー定義タグを使用してGallery Stillsに自動的に名前を付けるサポートが追加
  • 16および18 fpsタイムラインフレームレートのサポートが追加
  • 95.905 fpsのタイムラインフレームレートのサポートが追加
  • パフォーマンスモードのより詳細な設定をサポート
  • 複数のDeckLink SDIデバイスを一意の名前でリスト表示するサポートが追加
  • メディアプール内のメディアのないタイムラインクリップとディスク上のメディアなしのタイムラインクリップを区別するためのビジュアルインジケータを追加
  • Fairlightページの再生を停止せずに再生ヘッドの位置を変更できるようになった
  • Fairlightページで2Dタイムラインスクロールを有効にするサポートが追加
  • Fairlightページのマーカのコンテキストメニューのサポートを追加
  • Fairlightページのオーディオクリップでドラッグするときのタイムラインの自動作成のサポートが追加

不具合修正

  • Fairlightページでのキーフレームのサポートの改善
  • コラボレーションプロジェクト内のビンのロックの取得と解放に関する問題を解決
  • ネットワーク接続の問題によりコラボレーションプロジェクトで予期しない結果が発生する可能性のある問題が修正
  • コラボレーションモードでクリップを切り替えるときに空白のノードグラフが表示されることがあった問題を修正
  • 2人のユーザーが非コラボレーションプロジェクトを書き込みモードで警告なしで読み込むことがある問題を修正
  • 空のオーディオから始まるクリップで「LTCを使用してオーディオからタイムコードを更新する」が機能しない問題を解決
  • オーディオクリップのリタイミングを変更するとオーディオの不具合が発生することがあるという問題を解決
  • リンクされたオーディオグルー​​プとパンダイアログを開いたままリンクを解除するとクラッシュする問題を解決
  • Fairlightページのオーディオの開始または停止することで一時的な不具合が出る問題を解決
  • Fairlightトラックミキサーのダイレクトトラック出力のフェーダー動作に関する複数の問題を解決
  • Fairlightのタイムラインに間違った数のオーディオトラックが表示されることがあった問題を解決
  • デュアルスクリーンのUIレイアウトをリセットするときにFairlightコントロールルームのウィジェットが不可視になることがある問題を修正
  • FairlightページでJKL再生がループ再生状態を尊重しない問題を解決
  • オーディオクリップの移動でFairlightインスペクタのキーフレームナビゲーションボタンがリフレッシュされない問題を解決
  • いくつかのFairlightダイヤルウィジェットがダブルクリックで正しく値をリセットしない問題を解決
  • オーディオEQバンドの調整が正しく保存されない問題を解決
  • 編集ページで再生を停止すると数フレームの音声出力が継続する問題を解決
  • 編集ページで再生するときにSDIでのLTCタイムコード出力が機能しない問題を解決
  • オートメーショントラックのミュート状態が編集ページで正しく反映されない問題を解決
  • 特定のフォントを使用するとグリフが壊れるというタイトルの問題を解決
  • バイパスしたカラーグレードが編集ページに適用されたOpenFXをバイパスする問題を解決
  • OpenFXトランジションでクリップを削除するとクラッシュすることがあった問題を解決
  • ビューアがソースモードになっている場合にマルチカムのアングルを切り替えるときにクラッシュする問題を解決
  • ビンからのマルチカムクリップをリコンフォームすことでオリジナルのアングル情報が保持されないという問題を解決
  • 非対称リンク編集でブレード操作を実行すると不正なリンクが発生する問題が修正
  • ソースビューアで複合クリップとタイムラインをプレビューするとタイムラインのオーディオメーターがアクティブになる問題を解決
  • 編集ページでソースビューア内のビデオオンリークリップのプレビューが遅くなることがあった問題を解決
  • ACESワークフローでSony IDTを使用して古いプロジェクトをインポートするとクラッシュすることがあるという問題を解決
  • カラーページでクリップフィルタを適用するとオーディオ再生に関する問題が解決
  • プロキシファイルからのColor Tracing Power Windowsがウィンドウの位置が正しくないという問題を解決
  • クリップ間のグレードをコピーしてクリップソースキャッシュを不必要に無効にする問題を解決
  • 速度が変更されたクリップで色のグレードをバイパスするとオプティカルフローまたはフレームブレンドが無効になる問題を解決
  • 同じソースから複数の編集点がある場合にスタビライズさせるときに誤った結果を含む問題を修正
  • デュアルスクリーンモニタレイアウトでデータベースを切り替えることで2番目の画面を時々非表示される問題を修正
  • GoPro CineFormのクリップがLinuxでウォーターマーク付きでデコードされる問題を解決
  • 一部のSony XAVC-Iクリップのデコードに関する問題を解決
  • 特定のQuickTime ARRIクリップの誤ったクロッピングに関する問題を解決
  • 特定のパナソニックAVC-Intraクリップのデコード時に色ずれの問題を解決
  • 一部のMXFクリップのステレオオーディオフォーマットが正しく認識されない問題を解決
  • DPXクリップのドロップフレームタイムコードの読み取りに関する問題を解決
  • 大きなタイムコード値を持つQuickTimeクリップをデコードする際の問題を解決
  • H.264を使用してサイドバイサイドモードで立体3Dクリップをレンダリングするときの色ずれの問題を解決
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。