コンテンツへスキップ

変換ロスを防ぐパススルー機能

以前納めたH264コーデックのQuickTimeファイルを、急遽MP4形式に作り直してほしいとリクエストがありました。オリジナルファイルをどうしようか、パラメータはどうしてたかなど、作業は単純でも準備が面倒です。そんなときに私が実行した方法は...。

メディアファイルの変換では、DaVinci Resolve、Media Encoderはメジャーですが、私はこれらに加えてiFFmpegを常備しています。このツールはオープンソースのffmpegをベースにしていて、GUIだけをMacらしく使いやすいように側をつけているアプリケーションです。有償ではありますが魅力的な機能がたくさんあります。

そのひとつが、コーデックのパススルー(Pass Thru)機能です。今回のソースはQuickTime形式の拡張子がmovで、コーデックがH264になっているもの。このファイルを使って再エンコードすると劣化が進むので、リラッピング処理をしてコンテナだけを付け替えてMP4形式にすれば理想的です。H264コーデックのリラッピングは時々発生するケースなので、この先も活用できると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。