コンテンツへスキップ

macOS10.13でのセキュリティホール/更新

これは緊急で該当する方は対策することをお勧めします。該当macOSのバージョンは10.13と10.13.1です。詳細はいつもお世話になっているこちらです。私も早速試して観たところ簡単に管理者権限に昇格できてしまいました。


対策方法は、通常設定することのないrootアカウントのパスワードを設定することです。そのためにはシステム環境設定のUser & GroupからLogin Optionsをクリック。右側からJoinをクリックするとOpen Directry Utilityが起動するので、現れたウインドウでパスワードを入力して、続いてEditメニューからRootユーザーのパスワードを指定しておきます。

(2017年11月30日 8時25分更新)
この問題は、Appleからセキュリティアップデートにより対策できました。High Sierra使用の場合はなるべく早く更新しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。