コンテンツへスキップ

DaVinci Resolveでのモニター調整

EizoSalon西麻布では、Mac ProのモニターとしてEIZO製CG277を使っています。これに加えて映像のリファレンスモニターとしてCG318を併用しています。これらを日々安定した発色で運用するために、Color Navigato NXを使って定期的に調整しています。

Mac Proに接続しているCG277は、通常使用時はモニターネイティブのカラーガマットとガンマ2.4で使っていて、DaVinci ResolveやPremiere ProでRec709の表示に合わせたい場合には、事前に作っておいたプリセットに切り替えています。Rec709は白色点の色温度を日本固有の慣習に合わせた9300Kにしています。これとWebコンテンツのためのsRGBをよく使っています。

こんな環境と設定で使っていますが、DaVinci ResolveにはMacで使う上では便利な仕組みがあって、システム環境設定のディスプレイからColor SyncのICCプロファイルに合わせてResolveのビューワ内の色を合わせてくれる設定があります。

このスクリーンショットのように、PreferencesのSystemの一番上にあるHardware Configurationから、「Use Mac Display Color Profiles for Viewers」にチェックを入れておきます。これだけです。これにより、モニターの校正さえきちんとしておけば、外部ビデオモニターに近い色でResolveのビューワが発色できます。また、先日取り上げたiMacでの色調整を行なっていれば、iMac単体でも外部モニターと近い状態で運用できます。

EIZO製のハードウエアキャリブレーション機能を持ったモニターを使用する際は、Color Navigator NXを使うことで自動的にICCプロファイルを更新してくれて、設定に合わせたICCを自動的に切り替えまでしてくれます。注意点はMacのシステム環境設定のディスプレイから不用意にColor Syncのプロファイルを間違った設定に切り替えないことです。ここの切り替えはColor Navigator NXに任せておけばよいのです。

8 thoughts on “DaVinci Resolveでのモニター調整

  1. photoslack

    iMacのみでDaVinciを使用しているので非常に参考になりました。
    記事で書かれている「Use Mac Display Color Profiles for Viewers」にチェックを入れてDaVinciを使用する場合、プロジェクト設定のカラーマネージメントの「カラーサイエンス」の項目は、

    DaVinci YRGB Color Maneged

    を選択しておいて良いのでしょうか? 或いは

    DaVinci YRGB

    のほうが良いのでしょうか?
    この部分だけ気になってしまいました。教えていただけると嬉しいです。

    返信
  2. yamaq

    photoslackさん

    Color Science設定は、従来のDaVInci YRGBでもRCMでもどちらでも使用可能です。プロジェクトの設定に合わせて、ユーザーで選択できます。私はRCMをデフォルトにしています。

    返信
  3. a3yan

    Color Science設定をRCMにすると困った現象があるのですが、教えていただけますでしょうか。Mac 、resolve15 studio です。
    パナソニックGH4のLogで収録した映像ですが、DaVinci YRGB設定では、オリジナル映像は彩度の低い寝ぼけた映像で、これは当たり前なのですが、RCM設定にすると、それだけで彩度が極端に上がってしまいます。ともにrec709,gamma2.4設定ですが、原因がわかりません。考えられる要因がありますでしょうか。よろしくお願いします。

    返信
  4. yamaq

    INPUT、TIMELINE、OUTPUTのColorSpaceがどうのような設定になっているかで、最終的な映像のルックが決まります。
    GHシリーズのLog素材の場合は、INPUTをPanasonicVLOG、TIMELINEとOUTPUTをRec709/GAMMA2.2というのが基本になります。RCMでこのセッティングにすると、Colorページのノードでは3DLUTを当てる必要がなくなります。間違ってあててしまうととんでもない色になるので、ご注意ください。

    返信
    1. a3yan

      早々のご回答恐れ入ります。
      指摘していただいたカラーマネージメントの設定をはじめ、いろいろとチェックしました。どうやら、メディアページの「入力カラースペース」でGH4カットにPanasonic V-Gamut/V-Logを適用したことが原因のようでした。これを外すと馴染みのlog映像に戻りました。素材が露出アンダーということもあるかもしれませんが、カラーページで手動で色の調節がベストのようです。Davinciは使いはじめて日が浅いものですから、わからないことだらけです。
      GH4素材は,入力がv-LogLで出力はRec709Gamma2.2が基本ということですね。ありがとうございました。

      返信
  5. yamaq

    MediaページでINPUTのセッティングを変更していたのですね。結果は同じになりますが、クリップごとなので原因が見つけにくかったのですね。私もサポートの際に参考にさせていただきます。

    出力のGammaは2.2だとsRGB相当になるので、一般的なビデオルックの場合は2.4が基本になります。改めてご確認ください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。