リファレンスモニターについて

25 10月

EizoSalon西麻布では、今後のファイルベースワークフローに対応すべく、適切なモニタリング環境の構築に気配りしています。従来のREC709を中心にして、DCI-P3、REC2020のプリセットで映像をモニターできるようにセットアップしています。使用しているリファレンスモニターはEIZO製CG318-4kで、各種カラースペースをサポートしています。

おそらく日常の仕事ではREC709/9300Kの設定での運用が大半を占めるのは確実ですが、sRGB/6500Kやそれ以外の設定に関しても柔軟にサポートできるように準備をしております。一応HDCAMのVTRは1台だけ用意していますが、ファイルベースワークフローをメインのターゲットにしているので、柔軟なモニタリング設定は重要であると考えています。

もし他社製のビデオモニターやマスターモニターをご使用になりたい場合には、お気軽にご相談ください。別途費用になる場合もありますが、ご希望の機種のモニターをご用意することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です